/// BANGBOO BLOG ///
■24/5/9 12:00AM
Pubsub
■pubsubPublisher app → |GCPの壁| Topic(Schema) → Subscription 1や2 |GCPの壁| → Subscriber app
 サブスクライバーappにPull/PushさせるPull/Pushのサブスクリプションをトピックに紐づける設定をしておく
[Click for image]
【図解付き】Cloud Pub/Subに概要や使い方についてわかりやすく解説 - KIYONO Engineer Blog (kiyono-co.jp)Pub/Sub サービスの概要  |  Pub/Sub ドキュメント  |  Google CloudGCPのCloud PubSubで考慮すること - Carpe Diem (hatenablog.com)Pub/Sub の割り当てと上限  |  Pub/Sub ドキュメント  |  Google Cloudアプリで簡単にPubsubにパブリッシュや、サブスクもできるので、アプリ間の連携にPubsubが使える • 非同期処理(画像処理とか重めのもの • IDの種類 (message id, subscription id, topic id, ack id, project idあたりがアプリでは使われるっぽい  ※ack idはpull時のみでPushのときはhttpステータスコードが200でackとなるGCP - Pub/Sub サービス概要 #GoogleCloud - QiitaPub/Sub メッセージの作成とレスポンス  |  Python 用 App Engine フレキシブル環境に関するドキュメント  |  Google Cloudトピック(メッセージのパブリッシュ先)
 • スキーマ/外部アクセス許可/リテンション/GCS/バックアップの設定がある (Push/Pullの設定はない) • パブリッシュ側のベストプラクティス (JWT)   Pub/Sub トピックにパブリッシュするためのベスト プラクティス  |  Pub/Sub ドキュメント  |  Google CloudサブスクライバのPushとPull (PushはEndpointが必要、デフォルトはpull) GCP - Pub/Sub サービス概要 #GoogleCloud - Qiita • at-least-once (少なくとも1回) 配信を提供します • 同じ順序指定キーを持ち、同じリージョンに存在している場合は、メッセージの順序指定を有効にできます • サブスクライバーが31日間未使用、またはサブスクリプションが未更新の場合、サブスクリプションは期限切れ • メッセージ数が多いとpull向き サブスクリプション タイプを選択する  |  Pub/Sub ドキュメント  |  Google Cloudpushはhttpsが必要? push サブスクリプションを作成する  |  Pub/Sub ドキュメント  |  Google Cloud • push エンドポイントのサーバーには、認証局が署名した有効な SSL証明書が必要でhttps • Cloud run でEvent Arcを設定するとサブスクが自動作成されrunのデフォルトhttpsのURLが使われるが、これはPullよりPushで安定した • CronバッチならPullで安定するのでは?大量リクエストはPull向きとある(Pullは失敗処理込みの話かも知れん)トピックのリテンション:デフォルトなし、最小値:10分、最大値:31日サブスクのリテンション:デフォルト値:7日、最小值:10分、最大値:7日 サブスクリプション プロパティ  |  Pub/Sub ドキュメント  |  Google Cloudpubsub ack期限(Ack Deadline)
 •デフォルト60秒> 設定10分>ack延長で最大1時間まで伸ばせると思われる リース管理で確認時間を延長する  |  Pub/Sub ドキュメント  |  Google Cloud •exactly onceを設定しなければ期限の延長は保証されない •ack期限を過ぎる、あるいはNackを返す場合、メッセージは再配送される •ack応答期限の延長は99パーセンタイル(上位1%の値よりも小さい値のうち最大の値)で modifyAckDeadlineを返し、延長してもMaxExtension (ack期限を延長 する最大値) 60minまでと思われるメッセージの再試行を強制するには
 •nack リクエストを送信 •高レベルのクライアント ライブラリを使用していない場合は、ackDeadlineSeconds を0に設定して modifyAckDeadline リクエストを送信するexactly once
1 回限りの配信  |  Pub/Sub ドキュメント  |  Google Cloud •pullなら設定できる。他には、Cloud Dataflowを組み合わせる(プログラムコードでDataflowを使う感じかり、あるいはmessageについているunique idを利用して、KVS を用いたステート管理をして自前で重複を排除する •再配信は、メッセージに対してクライアントによる否定確認応答が行われた場合、または確認応答期限が切れる前にクライアントが確認応答期限を延長しな かった場合のいずれかか原因で発生することがある。  ※exactly onceはエラーでも再配信でPubsubパニックしないようにしたいために使うものではない?pubsubはトピックにPublishされたメッセージをDataflowに引き継げる •Apache Beamのウィンドウ処理とセッション分析とコネクタのエコシスエムがある •メッセージ重複の削除ができる •pubsub>dataflow>BQやGCS: この流れでログ等をストーリミングで入れ込めるBQサブスクリプション (PubSubはBigQuery Storage Write API を使用してデータを BigQueryテーブルに送信、GCSサブスクもある) Langganan BigQuery  |  Dokumentasi Pub/Sub  |  Google Cloud BigQuery サブスクリプションの作成  |  Pub/Sub ドキュメント  |  Google CloudサブスクライバーApp側のコードでのフロー制御によりちょっと待てよのトラフィック急増対応 フロー制御を使用して一時的な急増を処理する  |  Pub/Sub ドキュメント  |  Google Cloudデッドレタートピック (配信試行回数が見れる)やエラーでの再配信 メッセージ エラーの処理  |  Pub/Sub ドキュメント  |  Google Cloud  • Pub/Subサブスクリプションにデッドレタートピックを設定しておくと、一定の回数再送信が失敗したメッセージの宛先がデッドレタートピックに変更され貯められるメッセージのフィルタ、同時実行制御により多いメッセージに対応 サブスクリプションからのメッセージをフィルタする  |  Pub/Sub ドキュメント  |  Google CloudPubsubをローカルでエミュレートする エミュレータを使用したローカルでのアプリのテスト  |  Pub/Sub ドキュメント  |  Google Cloudpubsubのスナップショットやリテンションクイックスタート: スナップショットまたはタイムスタンプまでシークして Pub/Sub でメッセージを再生する  |  Pub/Sub ドキュメント  |  Google Cloudトピックにリテンションを設定しスナップショット作成> 過去のサブスクしたメッセは見えなさそうサブスクにリテンションを設定しスナップショット作成> 過去のAckしたメッセは見えなさそうスナップショットでどう使うのか? cloud pubsubで配信済みのメッセージを再送する #PubSub - Qiita キューがたまっているときに撮るものと思われる。またシーク時間のポイントを設定する意味がある スナップショットとシークを使いこなして特定期間の再実行を行う機能  スナップショットで再実行する  シークは指定時間か最後のスナップショット以降のサブスク再実行(実際pushでrunが再実行された)Pubsubにどんなメッセージが入ってきているか確認する方法 pull形式ならAckしなければpullボタンで拾い見れる (トピックでパブリッシュしてサブスクでPull し見る) トラブルシュートはログを見るかデッドレタートピックかGCSバックアップを見る?デッドレターキュー(ドロップしたものの確認と救済?) サブスクでDLQのONしデッドレタートピックを設定し転送する>GCSにもバックアップできる DLTでメッセージ(実行済みOR未実行)の再生データ形式:スキーマを使うか、スキーマなしならdataで取得できる トピックのスキーマを作成する  |  Pub/Sub ドキュメント  |  Google Cloud Cloud Pub/Subの概要とPythonでの実践 - case-kの備忘録from google cloud import pubsub_v1from avro.io import DatumReader, BinaryDecoderfrom avro schema import Parseproject_id="your-project-id"subscription id="your-subscription-id"subscriber pubsub_v1.SubscriberClient()subscription_path = subscriber.subscription_path(project_id, subscription_id)avro_schema = Parse("""{"type": "record","name": "Avro"."fields": [{"name": "ProductName","type": "string","default":""},{"name": "SKU","type": "int","default": 0}}def callback(message): print(f"Received message: {message}") reader = DatumReader(avro_schema) decoder = Binary Decoder (message.data) avro_record = reader.read(decoder) message_id=message.message id message.ack() print("Message ID: (message_id}") product_name = avro_record['ProductName'] sku= avro_record['SKU'] print("Product Name: (product_name}") print("SKU: (sku}")subscriber.subscribe(subscription_path, callback=callback)
def callback(message): print("Received message: (message)") data message data message_id=message.message_id message.ack() print("Date (data)") print("Message ID: (message_id)")
/// BANGBOO BLOG /// - GCP runs off functions pubsub on scheduler

Comment (0)

■24/4/27 11:27PM
HELM
Helm Templateについて色々説明してみる #kubernetes - QiitaHighway to Helm (zenn.dev)Helmの概要とChart(チャート)の作り方 #Docker - QiitaHelm | 一般的な慣習
helmはコマンド一発だが生k8sはマニフェストファイルの数だけkubectl apply(delete)を繰り返す必要がある helm upgrade chart名 -f 環境毎yamlファイル
 文法覚えるより繰り返した方がええんじゃないhelmはテンプレートフォルダ以下がマニフェスのようなもの ループ処理が記述可、関数が使える、関数を作れる

helm create <チャート名>templates/ マニフェスト (テンプレート)env/ 自分で作成するが環境毎に異なる値の入る変数を記述┣dev.yaml┣prd.yamlvalues.yaml 繰り返す値等 (dev/prd.yamlが優先され上書きされる) helm upgrade-install <release名> <Helmチャートの圧縮ファイル名>
●●helmテンプレートの文法 (.ファイル名.親.子で表す、.はルートオブジェクト、Valuesはvaluesオブジェクト、$変数:=値、ymlインデントはスペース2つ)●templates/deployment.yaml{{ $env := Values.environment }}{{ $serviceAccountName := Values.serviceAccountName }}image: {{ .Values.deployment.image }}:{{.Values deployment.imageTag }} //nginx:latestserviceAccountName: {{ $serviceAccountName }}-{{ $env }} //sample-sa-dev↑●values.yamdeployment:  image: nginx  imageTag: latestserviceAccountName: sample-sa●env/dev.yamlenvironment: dev●●helmテンプレートのループ (range~end)●templates/es.yamlspec:  nodeSets:  ((- range .Values.es.nodeSets }}  name: {{ .name }}  config:    node.attr.zone: {{ .zone }}  {{- end }}↑●values yamies:  nodeSets:  - name: node-a    zone: asia-northeast1-a  - name, node-b    zone: asia-northeast1-b●●helmテンプレートのIF (if-end)●templates/ingress.yaml((- if .Values.ingress.enabled -))apiVension: networking k8s.io/v1kind: Ingress{(- end }}●env/prd.yamlingress:  enabled: true●env/dev.yamlingress:  enabled: false●●helmテンプレートの複数値 (toYaml、nindentは関数)●templates/ingress.yamlmetadata:  annotations:    {{- toYaml .Values.ingress.annotations | nindent 4 }}●values.yamlingress:  annotations:    kubernetes.io/ingress.global-static-ip-name: sample-ip-name    kubernetes.io/ingress.class: "gce-internal"●●その他中括弧内側の前後にダッシュ {{--}} をつけることができ、前に付けた場合は前の半角スペースを、 後ろにつけた場合は改行コードを取り除くhoge:  {{- $piyo := "aaa" -}}  "fuga"/* */で囲まれた部分はコメント構文{{-/* a comment */ -}}●●_helpers.tpl https://qiita.com/showchan33/items/e95d3a6370e7c123962ahelm create [チャート名]で自動でtemplates ディレクトリに_helpers.tplが作成されるが、 partialsやhelpersと呼ばれる共通のコードブロック (defineアクションで定義されtemplateアクションで呼び出される)や、ヘルパー関数などが定義される。_アンスコ始まりのファイルは、他のテンプレートファイル内のどこからでも利用できるという共通部品。 これは内部にマニフェストがないものとみなされる。values.yamlが差し替え可能な変数、ローカル変数が定義したTemplateファイル内でのみ使える変数 _helpers.tplはチャート内で自由に使える変数●templates/_helpers.tpl{{- define "deployment" -}}apiVersion: apps/v1kind: Deploymentmetadata:  labels:    app: {{.name }}    name: {{ .name }}-deploymentspec:  replicas: {{ .replicas }}  selector:    matchLabels:      app: {{ .name }}  template:    metadata:      labels:        app: {{.name}}    spec:      containers:      - image: {{ .image }}        name: {{ .name }}{{- end -}}●values.yamlnginx:  replicas: "1"  name: nginx  image: docker.io/nginx:1.25.1httpd:  replicas: "3"  name: httpd  image: docker.io/httpd:2.4.57●deployment-nginx.yami{{ include "deployment" .Values.nginx }}

GKEクラスタを作成しておく?kubectlでArgo adminとシークレット作成?brew install argocdArgo cd設定ファイルリポジトリのcloneargocd cluster add <context name>argocd repo add <repo url> --ssh-private-key-path ~/.ssh/id_rsaargocd-configuration に設定を追加argocd-insallation に設定を追加argo cd上からinstallationをsyncするargocd login --grpc-web --sso dev-argocd.dev.bb.com
===ArgoはSettingsにリポジトリ、クラスター、プロジェクト、他にUserの設定 アプリ設定でhelmのパス等を指定(Argo内部でhelm upgradeでなくkubectrl applyに変換しでやってもらえるお作法:helmコマンドのインストール不要でArgoでhelm文法が使える)
総務省|報道資料|「クラウドの設定ミス対策ガイドブック」の公表 (soumu.go.jp)


Comment (0)

■24/3/29 10:32PM
Audio I/F

[Click for image]

- Input2用Hi-z(ハイインピーダンス):接続相手が何であっても問題にならないほど充分にインピーダンスが高い、という意味。インピーダンスは電気抵抗であり、例えば2.2kΩ~1MΩ等で、受け手の抵抗が小さいと問題になるので、受け側を高く「ロー出しハイ受け」にしておく。エレクトリックギターやエレクトリックベースの出力は通常のマイクよりもかなりインピーダンスが高いため普通のマイク入力端子等に接続しても正常な音が出ない。LineレベルならOFF/楽器レベルならONということで、これら楽器の場合ONにしておく
- ST:Input1/2でステレオか?、Input1/2を合成してモノか?
- Loopback:PCの音をInput1/2に混ぜてUSBに返すか?(Loopbackの音をモニターするにはダイレクトモニターONにする必要がある)
- Direct monitor:Input1/2をPCに通すか?PCを通さないダイレクトモニターだと音の遅延がなくなる

オーディオインターフェイスは要らんのだが、、

==========
[Click for image]
ダイナミックマイクの方が音が好みだが、マイクに口を近づける必要がありオンラインMTG用だと使いにくい、常用はコンデンサーマイクになろう(ダイナミックマイクのケース中にポップガードあり取り除いたが、それでも声小さい)マイク2本持ちながら在庫存在忘れるなぁ

■コード
コード進行の基本:コードの役割から自由に進行を作る! (watanabejunya.com)
コード進行まとめ(100種類以上) O-TO【音楽理論ウェブアプリ】 (khufrudamonotes.com)
和音検索 – 和音をピアノ、ギター、ウクレレを使って表す | Musicca
 音楽ツール | Musicca
ちゃうな
KANTAN Play – Play chords with just one finger! (kantan-play.com)
楽器を弾けない人でも楽器演奏を存分に楽しめるKANTAN Playが無料で公開。10万曲以上の専用楽譜も無料で入手可能 (dtmstation.com)
Comment (0)

Navi: 1 | 2 | 3 | 4  >
-Home
-Column [126]
-Europe [9]
-Gadget [76]
-Web [124]
-Bike [4]

@/// BANGBOO BLOG ///