/// BANGBOO BLOG ///

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

January 3, 2016

Git

■Git
https://backlog.com/ja/git-tutorial/intro/01/

Gitクライアント、Sourcetree/TortoiseGit etc
ローカルリポジトリとリモートリポジトリを作りソース管理、通常別途で運用サーバにデプロイ
 ローカルにリモート追跡ブランチ(リモートリポジトリのコピーをfetch)は
 originという名がつきorigin/ブランチ名、リモート/ローカルのデフォブランチは両方通常はmaster
 チェックアウトするとローカルの作業ソースの内容がその版に切り替わる
ワークツリー(作業)とインデックス(中間)を持ちローカル作業をindexにaddしcommit
バグ修正や機能追加などの異なる意味を持つ変更は、できるだけ分けてコミット
コメント 1行目 : 変更内容の要約 2行目 : 空行 3行目以降 : 変更した理由

cloneで、リモートリポジトリの内容を丸々ローカルリポジトリとしてDL
Pullで、リモートリポジトリから最新の変更履歴をローカルリポジトリにDL

Staged changes(index)に入れる → コメントを付記しCommitする
PushしリモートリポジトリにUPする(fast-forwardマージ)

///ブランチ運用モデル https://backlog.com/ja/git-tutorial/stepup/05/
master(デフォ)
hotfix
release
develop
feature
 masterとdvelopの2つがメインブランチで大きな流れ
 releaseブランチでリリースの調整、ブランチ名にrelease-をprefix
 緊急修正の場合hotfixブランチで調整、hotfix-をprefix
 featureブランチで機能追加しdevに纏める
※もしUAT/QAサーバがあるならmaster/developに加えてもう一本QAブランチがあってもいい



使用(ワークツリー)のブランチを切り替えるにはチェックアウト
HEADとは現在使用しているブランチの先頭を表す(更新の先頭のイメージ)

stashでコミットしていない変更を退避させ、今すぐやりたい作業をしてから、退避させていた変更を取戻して作業を再開することができる(変更があればcommitするまでブランチを切り替えができない)

mergeは複数のブランチを統合し両方の変更を取り込んだマージコミットが作成されます。masterブランチの先頭はそのコミットに移動。non fast-forwardを行うとブランチがそのまま残る

rebaseはmasterブランチの前に別ブランチの内容を付与する。先頭はmasterブランチのままなので、mergeもする。トピックブランチに統合ブランチの最新のコードを取り込む場合はrebaseを使う。iオプションでコミット書換、入替、削除、統合の制御可 git pull --rebase
git pull と git pull –rebase の違いって?図を交えて説明します! – KRAY Inc.
git pull --rebaseをpushする前にやろうという話。 - Qiita

pullを実行してから次のpushをするまでの間に、ほかの人がpushをしてリモートリポジトリを更新してしまっていた場合、マージを行なって他の履歴での変更を取り込むまで自分のpushは拒否されます(競合)マージは自動統合を行うが同じ箇所の場合はエラー。解決をして自分でコミットする必要がある

fetchは単にリモートリポジトリの内容を確認したいだけの時。ローカルに統合したい時はFETCH_HEADをマージするか、改めてpullを実行します

軽量タグと注釈付きタグの2種類。軽量タグはローカルで一時的に使用。タグで過去に戻せる

amend:直前のコミットを修正
revert:指定したコミットを打ち消すコミット
reset:コミットを捨てる
 変更したインデックスの状態を元に戻す(mixed)
 最近のコミットを完全に無かったことにする(hard)
 コミットだけを無かったことにする(soft)
cherry-pick:指定のコミットを現在のブランチに取り込む
mergeのsquashオプション:該当ブランチの全コミットを一つのコミットに纏めて統合

(競合は修正してaddし直したいが、、、)
fetchでエラーがあれば git reset --hard HEAD で作業を取り消し
pullでエラーがあれば git merge --abort と git reset --hard HEAD でマージと作業取り消し

プルリクエスト https://backlog.com/ja/git-tutorial/pull-request/03/
機能追加や改修など作業内容をレビュー・マージ担当者やその他関係者に通知する
 プッシュされたコミットは自動的にプルリクエスト上に反映
 プルリクエストは一覧され未完了のプルリクエストを確認しレビュー・マージ担当者は漏れなく処理可
 ソースコードの変更箇所をわかりやすく表示、コメントのやり取り可
1[開発者] 作業対象のソースを clone または pull
2[開発者] 作業用のブランチを作成
3[開発者] 機能追加、改修といった開発作業
4[開発者] 作業が完了したら push
5[開発者] プルリクエストを作成
6[レビュー・マージ担当者] 通知されたプルリクエストから変更を確認しレビュー
7[レビュー・マージ担当者] レビュー結果を判断し必要ならば開発者にフィードバック
8[レビュー・マージ担当者] レビューの結果、問題がない場合はマージ
9[レビュー・マージ担当者] レビューの結果、対応自体が不要となるなど、プルリクエスト自体が必要ない場合はクローズ




====================
Gitクライアント Sourcetree
https://eng-entrance.com/sourcetree-use
https://tracpath.com/bootcamp/learning_git_sourcetree.html

新しいverのSourcetreeではインストールができなかった ver 2.6.10.0ならOK
https://www.sourcetreeapp.com/download-archives
 IEは上手く動かず Chromeを使う こちらでもインスコはできなかったが
 SSH鍵をputtyで https://webkaru.net/linux/putty-ssh-login-public-key/
 データフォルダに.gitフォルダがあるので別のGITクライアントでもデータフォルダをDDするだけ
 文字化けはKB4074906では直らなかった、UTF8⇔Shift-jisでも直らん?

====================
git init --bare --shared 空のリモートリポジトリ(ワークツリーのない開発メンバー全員で使う共有のリポジトリ)を作成
 git remote add origin https://github.com/YY/XX.git リモートリポジトリに名前設定:git remote add [追加リモートリポジトリ名] [追加する場所リポジトリ]
 git remote -v リモートリポジトリの確認

git init 各人使用したいローカルディレクトリに移動しリポジトリ(dir)の.gitを作成
git status 状態確認

git clone https://github.com/YYYYYY/XXXXX.git リモートリポジトリのクローンをローカルに作成
 ※作成した場所にcdし実行、リポジトリのフォルダもできるのでローカルの/home/おまはん/repoで実行でよい
 git clone ssh://user@hostname/path/to/repos GitHub用(鍵登録しssh)

git branch 移動できるブランチとカレントを表示
 git branch -a ブランチの一覧を見る(リモート側?)
git checkout master ローカルの使用ブランチを切替

git fetch origin master リモートのデータをリモート追跡ブランチに取り込む(変更点を確認
 git merge origin/master リモート追跡ブランチにある変更点を取り込む
  git pull pull=fetch+merge、リモートの該当ブランチをローカルの使用中のブランチに

git checkout -b hotfix ブランチhotfixへ移動(-bをつける事でカレントから新規にブランチを作成し移動)
 git branch hotfix ブランチhotfixを作成(カレントから?
 git checkout hotfix ローカルの使用ブランチを切り替え
 ※hotfixで修正する場合

git checkout a.txt 特定ファイルの変更を取り消す
git checkout . 作業を取消し別ブランチ切替ができるように
git clean -df . 新規追加したファイルも取消す

git add a.txt 削除したファイルをaddでリポジトリから削除
git rm a.txt リポジトリから削除しディレクトリからも削除
git rm --cached a.txt リポジトリから削除するがディレクトリには残す
 rm a.txt ディレクトリから削除、リポジトリには残す

git add -n . アドの対象を表示
 git add . カレントdir以下の全てをIndex追加(危ない)
 git add *.py ワイルドカード
 git add a.txt ファイル追加
 git add dirA ディレクトリ追加
 git add -A 変更のあったすべてgit add --all

git reset . addを取消す

git diff --cached ステージング(index追加)の内容確認

git commit ローカルレポにindexをコミット、エディターが開く、iインサートモードで編集、ESC:wqで保存
 git commit -a -m "comment" -aは変更点がある登録された全ファイル

git log コマンドでコミットの履歴
git show コミットした内容自体を確認
git reset --soft HEAD^ コミットの取り消し

git cherry-pick _commit_id_ 他ブランチでコミットした内容をカレントブランチに適応

 ※コミットが済んでいないファイルが残っている状態で git checkout の別ブランチ作成や git merge でmasterにマージしない事
 git reset --hard HEAD^ 直前のコミットを取消(hardはcommit logが残らず、indexやworktreeもオプで戻せる、綺麗だが競合?)
 git reset --hard HEAD~2 数字で複数コミット取消
 git stash 退避/git stash list 退避リスト

git revert コミットNo. 直前のコミットを取消す再コミットでチーム開発向き(戻したcommit logが残る)
 →commit文を書かされるので保存してgit push

git branch -vv 上流ブランチの名前を確認
git config --get remote.origin.url リモートのリポジトリURLの確認

 git pull --rebase origin master push前にリモートのmasterの更新を取り込んでおけばコミットが綺麗になる

git push リモートに同ブランチがあれば通るがなければ下の--set-upstreamでリモートに作る
 git push --set-upstream origin hotfix push時にリモートに該当ブランチを作成

リモートでPull Requestを作成
 レビュアーはPull Reqeustを確認し問題なければリモートにマージする
 hotfix等はPull Requestをmasterにするが同時にその1度のpushをdevelopにもPull Requestする/マージも
 プルリクエストでコンフリクトしたときの対処方法(備忘録) - Laravel学習帳 (laraweb.net)

git checkout master マスターブランチに移動
git pull
 デプロイ(サーバにアップロード)

git branch -d hotfix/unco072 hotfixブランチを削除 -dはマージ済みのもの、-Dで何でも削除
git push origin :hotfix/unco072 hotfixブランチをリモートから削除

git branch --merged マージしたブランチ一覧
git branch --merged | egrep -v "\*|master|develop" マージしたブランチmaster/dev以外
git branch --merged | egrep -v "\*|master|develop" | xargs git branch -D それらを削除
git remote prune origin リモートで消されたブランチをローカル反映 prune余分な枝を落とす
git branch --format "%(refname:short) %(upstream:track)" ブランチ名とトラック状態を取得
git branch --format "%(refname:short) %(upstream:track)" | grep "\[gone\]" 削除された[gone]のみ取得
git branch --format "%(refname:short) %(upstream:track)" | grep "\[gone\]" | awk '{print $1}' | xargs -IXXX git branch -D XXX それらはリモートで削除されており削除
git stash clear スタッシュを消す
git gc ガーベージコレクション
 よく使う お掃除系 git 便利コマンド集 (foresta.me)

git pull で下記エラー
error: cannot lock ref 'refs/tags/v1.3.38': unable to resolve reference 'refs/tags/v1.3.38': reference broken
→cat .git/refs/tags/v1.3.38 .git内のことで対象を見る、GUIフォルダでも大体空
→rm .git/refs/tags/v1.3.38
→RMすると大概git pullができるようになっている
reference brokenでgit pullできなくなったときの対策 - Qiita

.gitignoreという設定ファイルにデフォルトで対象外とするファイルを設定
.git/config を見るとどのURLにpushするか分かる
リポジトリが不要になったときは.git dirを削除する。管理ファイル(ワークツリーにないファイル)が削除されワークツリーのファイルはそのまま影響がない
 ローカルリポジトリで複数のブランチがある場合、必要なブランチをチェックアウト後ワークツリーのファイルを別途保存してから削除することを勧める
リポジトリを作成し直したい場合は.git dirを削除してから改めてgit initを実行

https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2003/12/news010.html init
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2003/05/news006.html clone
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2003/06/news019.html pull
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2003/13/news031.html add
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2003/19/news018.html commit
 git: git stashの使い方 - Qiita

https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2005/21/news023.html push
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2005/22/news028.html push衝突

https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2004/24/news028.html checkout
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2004/30/news017.html checkout2

https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2006/11/news025.html revert
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2007/01/news015.html revert2
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2007/10/news010.html revert3
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2007/27/news013.html reset
 Git revertとresetについて - Qiita

https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2004/09/news018.html log
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2004/16/news025.html log2
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2004/17/news021.html show
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2004/23/news034.html show2
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2005/01/news024.html tag
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2005/07/news009.html tag2

https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2005/08/news017.html remote
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2005/14/news025.html remote2

https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2006/04/news022.html rm
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2006/05/news021.html rm2
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2006/12/news017.html mv

====================
■Linux terminal
tabで入力保管
↑↓で入力履歴呼び出し
vi a.txt ファイル作成し開く ^qはCtrl+qを押す
半角/全角キー 日本語を切り替える(画面右上にもIMEがある、win+spaceの場合も)
ls -la ディレクトリ内を表示
ls -a 隠しファイルを含み表示
 (GUI)ctl+h 隠しファイルを表示(メニューでもチェックで可)
pwd 現ワーク中のディレクトリを表示
cd ../ 上に上がる
mv beforeName.text afterName.txt ファイル名変更
rm -R ディレクトリ名 削除、ファイルはrm a.txt
ls -l > hoge.txt >結果を上書き
ls -l >> hoge.txt >>結果を追記
printenv 環境変数表示 printenv xで特定表示

nano text.txt 簡単かも、画面下コマンドでctrl+?すればいい
 コマンドM-UはEsc+u
sudo apt install vim
vi text.txt
Escでコマンドへ抜ける
 挿入 i
 ファイル名を指定し保存 :w new_file_name.txt
 強制保存のコマンド :w!
 保存せず終了 :q 強制終了 :q!
 保存して終了 :wq 保存して強制終了 :wq!

テキスト選択
 Shift↑or↓ で行全体
 home(+fn)で行頭、end(+fn)で行末移動

twitter
Hatena
Google Buzz
newsing
Yahoo!
Buzzurl
Technorati
del.icio.us
Choix
Iza!
Livedoor Clip
Facebook
Evernote
 

Posted by funa : 12:00 AM | Web | Comment (0) | Trackback (0)


PhotoGallery


TWITTER
Search

Mobile
QR for cellphone  QR for smart phone
For mobile click here
For smart phone click here
Popular Page
#1Web
#2Hiace 200
#3Gadget
#4The beginning of CSSレイアウト
#5Column
#6Web font test
#7Ora Ora Ora Ora Ora
#8Wifi cam
#9みたらし団子
#10Arcade Controller
#11G Suite
#12PC SPEC 2012.8
#13Javascript
#14REMIX DTM DAW - Acid
#15RSS Radio
#16Optimost
#17通話SIM
#18Attachment
#19Summer time blues
#20Enigma
#21Git
#22Warning!! Page Expired.
#23Speaker
#24Darwinian Theory Of Evolution
#25AV首相
#26htaccess mod_rewite
#27/// BANGBOO BLOG /// From 2016-01-01 To 2016-01-31
#28竹書房
#29F☆ck CSS
#30Automobile Inspection
#31No ID
#32Win7 / Win10 Insco
#33Speaker
#34Arcade Controller
#35Agile
#36G Suite
#37Personal Information Privacy Act
#38Europe
#39Warning!! Page Expired.
#40GoogleMap Moblile
#41CSS Selectors
#42MySQL DB Database
#43Ant
#44☆od damnit
#45Teeth Teeth
#46Itinerary with a eurail pass
#47PHP Developer
#48Affiliate
#49/// BANGBOO BLOG /// From 2019-01-01 To 2019-01-31
#50/// BANGBOO BLOG /// From 2019-09-01 To 2019-09-30
#51/// BANGBOO BLOG /// On 2020-03-01
#52/// BANGBOO BLOG /// On 2020-04-01
#53Windows env tips
#54恐慌からの脱出方法
#55MARUTAI
#56A Rainbow Between Clouds‏
#57ER
#58PDF in cellphone with microSD
#59DJ
#60ICOCA
#61Departures
#62Update your home page
#63CSS Grid
#64恐慌からの脱出方法
#65ハチロクカフェ
#66/// BANGBOO BLOG /// On 2016-03-31
#67/// BANGBOO BLOG /// From 2017-02-01 To 2017-02-28
#68/// BANGBOO BLOG /// From 2019-07-01 To 2019-07-31
#69/// BANGBOO BLOG /// From 2019-10-01 To 2019-10-31
#70/// BANGBOO BLOG /// On 2020-01-21
#71Bike
#72Where Hiphop lives!!
#73The team that always wins
#74Tora Tora Tora
#75Blog Ping
#76無料ストレージ
#77jQuery - write less, do more.
#78Adobe Premire6.0 (Guru R.I.P.)
#79PC SPEC 2007.7
#80Google Sitemap
#81Information privacy & antispam law
#82Wifi security camera with solar panel & small battery
#83Hope get back to normal
#84Vice versa
#85ハイエースのメンテ
#86Camoufla
#87α7Ⅱ
#88Jack up Hiace
#89Fucking tire
#90Big D
#914 Pole Plug
#925-year-old shit
#93Emancipation Proclamation
#94Windows env tips
#95Meritocracy
#96Focus zone
#97Raspberry Pi
#98Mind Control
#99Interview
#100Branding Excellent
Category
Recent Entry
Trackback
Comment
Archive
<     September 2021     >
Sun Mon Tue Wed Thi Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Link