/// BANGBOO BLOG ///

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

August 27, 2010

Norton Internet Security
LiveUpdateが行えないエラー(LU1803)
ノートン本体とLiveUpdateが別々のようなのでLiveUpdateだけ新しいものにする

1)lusetup.exeをダウンロード
新しいものをDL
http://www.symantec.com/region/jp/techsupp/files/lu/lu.html

2)既存のLiveUpdate用プログラムをアンインストール
[スタート]→[コントロールパネル]→[プログラムの追加と削除]→LiveUpdate削除

3)lusetup.exeを実行
ダウンロードしたlusetup.exeを実行します。最新のLiveUpdate用のプログラムがインストールされます。

4)再起動しLiveUpdateの実行

Posted by funa : 08:56 PM | Gadget | Comment (0) | Trackback (0)


August 26, 2010

今夜はKick it (WSH a.k.a VBscript)

動きゃ良い。周辺処理とバッチをキックするWinシェル。拡張子.vbs

'■設定
Dim regExDel
regExDel = "\.mp3|\.MP3|\.flv|\.wmv"

Dim thisFileName
Dim batFileName
Dim listFileName
thisFileName = "songs_file_kick.vbs"
batFileName = "songs_file_setting.bat"
listFileName ="songs_filelist.txt"

Dim objShell
Dim curDir
Set objShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
curDir = objShell.CurrentDirectory

Dim batFile
Dim listFile
Dim tempFile
Dim tempFile2
batFile = curDir + "\" + batFileName
listFile = curDir + "\" + listFileName
tempFile = curDir + "\songs_filelist_tmp.txt"
tempFile2 = curDir + "\songs_filelist_tmp2.txt"

'■バッチ実行--ファイル名取得
'バッチ処理終了まで待つ
objShell.Run batFile + " " + listFileName,1,true
Set objShell = Nothing

'■拡張子の削除
Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set regEx = New RegExp
Set inFile = fso.OpenTextFile(listFile)
Set outFile = fso.CreateTextFile(tempFile)

regEx.Pattern = regExDel
repStr = ""
Do Until inFile.AtEndOfStream
    tempLine = inFile.ReadLine
    repLine = regEx.Replace(tempLine, repStr)
    repLine2 = regEx.Replace(repLine, repStr)
    outFile.WriteLine repLine2
Loop
inFile.Close
outFile.Close

'■ファイル名の削除
Set inFile = fso.OpenTextFile(tempFile)
Set outFile = fso.CreateTextFile(tempFile2)

tempText = inFile.ReadAll
tempText = Replace(tempText, thisFileName + vbCrLf, "")
tempText = Replace(tempText, batFileName + vbCrLf, "")
tempText = Replace(tempText, listFileName + vbCrLf, "")
tempText = Replace(tempText, "songs_filelist_tmp.txt"+vbCrLf, "")
tempText = Replace(tempText, "songs_filelist_tmp2.txt"+vbCrLf, "")
outFile.Write(tempText)
inFile.Close
outFile.Close

'■旧リストファイルを削除
fso.DeleteFile listFile, True
fso.DeleteFile tempFile, True

'■新リストファイルを本ファイルにリネーム
fso.MoveFile tempFile2,listFile

If Err.Number = 0 Then
WScript.Echo "リストを出力しました [" + listFileName + "]"
Else
WScript.Echo "エラー: " & Err.Description
End If

Set fso = Nothing

※関連ページ(キックするバッチファイル)
http://blog.bangboo.com/page_289.html

---------------------------------------------------
■嘘の情報に気をつけろ
カレントディレクトリに取得
vbsファイルの場所でなく、実行プログラム(例:c:\program\listcam)の場所を指す
Set objWshShell = CreateObject("WScript.Shell")
Msbbox objWshShell.CurrentDirectory

Posted by funa : 04:18 AM | Web | Comment (0) | Trackback (0)


August 26, 2010

Who's BAT? (Batch file)

コマンドプロンプトcmd.exeでバッチファイルを作成。拡張子.bat

rem ■■■ファイル名一覧のテキスト保存■■■

set TARGET_DIR1=F:\songs

set CURRENT_DIR=%CD%
set LISTFILE=%CURRENT_DIR%\filelist.txt
'キックファイルから引数でファイルリスト名が渡される場合
'set LISTFILE=%CURRENT_DIR%\%1

cd /d %TARGET_DIR1%
dir /b > %LISTFILE%
echo; >> %LISTFILE%

echo 終了
pause

---------------------------------
※標準コマンドでテキスト内の文字列の編集は難しい、WSH(VBscript,JS)を使う
> リダイレクト
>> 追加
REM 注釈
ECHO 表示
SET 変数設定、%hoge%で取り出す
DIR ディレクトリ情報 /bオプションでファイル名
CD カレントディレクトリ、又はチェンジディレクトリ

※関連ページ(キック元)
http://blog.bangboo.com/page_290.html

Posted by funa : 12:31 AM | Web | Comment (0) | Trackback (0)


August 25, 2010

After Effects



テクニック
-------------
- ぼかし
- 色彩
- 色残す
- トラッキング
- 文字エフェクト(カーソル
- パーティクル
- 早回し
ノイズ

重ね
オーディオ同期

撮影
-------------
スモーク
照明
レンズ
ピント/ボケ足

フロー(映像・動画・編集)
-------------
ストーリーを考える
時間割りを考える
ネタを作る

操作
-------------
部分にエフェクト→キーフレーム●を設定する
取り消し→名前をBackSpaceで削除する
適応→要素を対象にドラッグ&ドロップ

書き出し
-------------
メニュー>コンポジションで行う
書き出し先のファイル名の拡張子が変わるエラー→ファイルの場所を再指定
QTとかH264(m4vとwavとxmpsessに分かれる)とかwmvで出す→画質の差が不明、使えればOK
プレミアで音や必要なら速度調整

プレミアTIPS
-------------
クリップを選択し●でキーフレームを追加

Posted by funa : 05:30 PM | Web | Comment (0) | Trackback (0)


August 18, 2010

Server transfer

xrea+からcore miniへ移行した

■サポートからのXrea+からCORESERVERへの移行手順
1)CORESERVERアカウント取得
CORESERVERアカウント未取得の場合はアカウントを取得してください。
https://www.value-domain.com/howto/?action=coresv_web&noheader=1

2)データ移動
移動先サーバー(CORESERVER)のサーバー間コピー機能をお使いいただき、移動元サーバー(XREA)の情報を移動してください。FTP接続でデータを転送されても問題ございません。

3)ドメインウェブ設定(ドメインをお持ちの場合)
移動先サーバー(CORESERVER)のドメインウェブ設定にドメイン情報を設定してください
※強制にチェックをつけ設定をお願いいたします。

4)DNS設定(ドメインをお持ちの場合)
ドメインのDNS設定画面を開いていただき、自動設定にて取得いただいたCORESERVERをお選びいただき、保存してください。

5)ドメインウェブ設定削除(ドメインをお持ちの場合)
移動元サーバー(XREA)のドメインウェブ設定を削除してください。
※DNSが切り替わり新しいサーバに名前解決するのに10分くらいだった、俺のネットでは

■手順(はじめは新旧のアカウント系データを全てメモる)
1)DBデータを新サーバへコピーする
2)FTPデータを新サーバへコピーする(htaccess認証かける)
3)Cronの設定をコピー
4)メールを新サーバへ設定
5)WEBプログラム内の設定(DBパスワード、メール設定、フルパス、htacces/pwdをテスト用に)
6)その他設定(DBバックアップ)を新サーバへ設定
7)テスト
8)元画面と新画面をメンテナンス中にする(全アクセスメンテ中ページに転送)
9)DB最新データを移行する
10)DNSを切り替える(旧サーバは同期強制転送の設定)
11)ドメインのメールの設定
12)WEBプログラム内の設定(DBパスワード、メール設定、フルパス、htacces/pwdを本番用に)
13)テスト(ライブ環境テスト中は認証を掛けた、IPでのアクセス制限がいい)
14)メンテ中を外す

■メンテナンス中 htaccess
192.168.0.4や192.168.0.5の部分には、管理者のIPアドレスを書きます。
Sun, 14 Jun 2009 06:00:00 GMTの部分には、メンテ終了予定時刻

RewriteEngine on
RewriteCond %{REMOTE_ADDR} !=121.2.33.235
RewriteRule ^503/ - [L]
RewriteRule ^.*$ 503/503.php

<IfModule mod_headers.c>
  Header set Retry-After "Wed, 18 Aug 2010 9:00:00 GMT"
</IfModule>

--503/503.php
<?php
header ('HTTP/1.0 503 Service Temporarily Unavailable');
include(dirname(__FILE__) . '/maintenance.html');
?>

///////////////oがoldでnがnew
<html>
Sorry, the site is currently under maintenance
現在メンテナンス作業のため当サービスを一時停止しております
--------------------------------------------------------
ご利用の皆様にはご不便をおかけし大変申し訳ございません。
メンテナンス終了まで今しばらくお待ちください。
o
</html>
<html>
Sorry, the site is currently under maintenance
現在メンテナンス作業のため当サービスを一時停止しております
--------------------------------------------------------
ご利用の皆様にはご不便をおかけし大変申し訳ございません。
メンテナンス終了まで今しばらくお待ちください。
n
</html>

■移転 htaccess
Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteRule (.*) http://www.newdomain.com/$1 [R=301,L]
or
Redirect 301 / http://www.newdomain.com/
or
Redirect permanent /2009/Old/ http://www.exsample.com/2009/New/

■DBバックアップ
ダンプを取るシェルをクロンで起動
http://www.multiburst.net/project-multiburst/archives/2006/01/21/1559.php
#!/bin/sh
# バックアップで残しておく日数
keepday=14

# バックアップを置くディレクトリ
dest=/virtual/myid/db-backup

# MySQLのダンプ処理(とりあえず一時ファイルとして保存)
/usr/local/mysql/bin/mysqldump -u ユーザ名 --password='xxxxxx' --opt データベース名 > /virtual/myid/db-backup/tmp

# 改めてバックアップ元ファイルとして指定
srcfile=/virtual/myid/db-backup/tmp

# タイムスタンプの取得
timestamp=`date +%Y%m%d`
old_date=`date "-d$keepday days ago" +%Y%m%d`

bkfile=$dest/$timestamp.tar.gz

tar zcvf $bkfile $srcfile
# > /dev/null 2>&1

if [ $? != 0 -o ! -e $bkfile ]; then
echo "backup faild -- ($srcfile)"
exit 1
fi

rmfile=$dest/$old_date.tar.gz

if [ -e $rmfile ]; then
rm -f $rmfile
fi

rm -f /virtual/myid/db-backup/tmp

exit

Posted by funa : 05:05 PM | Web | Comment (0) | Trackback (0)


August 18, 2010

Tools - free icon etc
フリーアイコン
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100817_woocons1/
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20091206_webiconset/
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100312_elegantthemes_iconpack/
http://phpspot.org/blog/archives/2010/08/2010.html
http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-632.html
http://pixelresort.com/blog/category/Showcase/
http://www.freeiconsweb.com/free_icon.html

フリーPSD・テーマ
http://freepsdtheme.com/
http://www.smashingmagazine.com/2010/08/19/100-free-high-quality-wordpress-themes-for-2010/
http://www.stumbleupon.com/su/4OhCh5/www.noupe.com/freebie/80-useful-psd-templates-for-designers.html

配色ツール
http://www.color-fortuna.com/color_scheme_genelator2/

サウンド
http://www.freesound.org/

Posted by funa : 04:37 PM | Web | Comment (0) | Trackback (0)


August 9, 2010

Information privacy & antispam law

個人情報保護法と特定電子メール法

■個人情報保護法
- 不要なものは破棄しろ
- あらかじめ伝えた目的外に使うな
- 要求にはできる範囲で対応しろ
- 利用目的、問い合わせ先を開示しろ
- 本人からの照会、訂正依頼には対応しろ
- データを管理しろ、データ委託先を監督しろ(責任はこっち持ちだ)

※例外としてのデータ提供が可能
警察、検察、弁護士会、からの照会、国への協力
生命、児童や公衆衛生に関する場合

※過剰反応はするな
5000人以下なら守らなくてもよい
目的に同意をもらえば名簿を配布できる等

http://www.caa.go.jp/seikatsu/kojin/index.html

■特定電子メール法
- 事前に同意を取れ(オプトイン)
- 同意の時期と方法を記録しろ(送信しなくなってから1ヶ月経過するまで)
- 送付者は誰か、受信拒否の通知先を表示しろ
- 不要意思があれば送るな(オプトアウト)

※次の場合は同意なしに送付できる
名刺をもらった相手、取引関係、サービス契約者に付随的に広告宣伝を含む場合、公表しているメールアドレス

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/d_syohi/m_mail.html
http://www.caa.go.jp/representation/index.html
http://www.dekyo.or.jp/soudan/
http://www.caa.go.jp/representation/pdf/091214premiums_1.pdf
http://www.caa.go.jp/representation/pdf/100401premiums2.pdf

■警視庁vs総務省
警察庁「サイバー犯罪条約では上限3カ月の保存を要請」
日本のISP事業者の多くが平均で半年間、大手では2~3年程度のログ記録を保全
総務省「情報流出によるプライバシー侵害を恐れ、早期消去を主張」

Posted by funa : 05:49 AM | Column | Comment (0) | Trackback (0)


August 9, 2010

ER

ERダイヤグラムの作図ルールのまとめ。

■要件定義
https://qiita.com/Saku731/items/741fcf0f40dd989ee4f8

発注者に満足感があり、下流で滞りなく開発ができソフトウェアが納品されればいい
色んな考え方ややり方があるので臨機応変に、どこまでが範囲か確認できればいいが

■設計者から開発者に渡すっぽい上流工程

///Why:システム開発の目的(要望)
現状の課題
ゴール(本来あるべき状態)
現状とゴールのギャップ(解決すべき課題)

///What:何をもって課題を解決するのか
システム導入後の業務フロー
機能要件
 システムに実装する機能一覧
非機能要件
 処理スピード、セキュリティ など様々
 
///How:具体的な使い勝手と実装方法(システム設計)
基本設計
 画面設計(UI設計)
 機能設計
 データ設計
詳細設計
 クラス図、シーケンス図
 システムアーキテクチャ
 各部位を実装する技術 など様々

■ビジネスと開発の両側で合意を取るっぽい上流工程

///要望:解決すべき課題(発注者タスク)
現状の課題
ゴール(本来あるべき状態)
現状とゴールのギャップ(解決すべき課題)

///要求:システムに実装したい機能(発注者タスク)
企画の背景(解決すべき課題)
課題解決に必要なシステムの概要
具体的に実装したい機能一覧

///検討:要求の実現性を考える(開発者タスク)
技術的に開発可能か?
予算はどの程度必要か?
納期はいつ頃になるか?

///提案:検討した結果を発注者に戻す(開発者タスク)
実装できる機能
請求する金額
納品できる期日

///要件:双方が合意した決定事項(発注者・開発者が協議して決める)
システムに実装する機能一覧
納期、請求額の目安が記載されるケースも

==========

■階層化されたシステム要件一覧(要件ツリー)の例
利益管理の強化に貢献すること
 月中であっても利益ベースでの予実達成状況を監視できること
 受注単位で粗利がわかるようになること
顧客サービスの改善に貢献すること
 受注時に納期回答できるようであること
 入荷かう出荷までロットをトレースできること
在庫管理レベルの向上に貢献すること
 余剰在庫や死蔵品を50%削減できること
 在庫データには常に現在の在庫状況が反映されていること
作業効率の向上に貢献すること
 バーコードラベルによって入出荷作業が簡便化されているとと
 配車計画をある程度自動化できること

■機能要件一覧の例
"利用者は全支店の営業部門の所属者とする。(支店は全国27箇所)"
担当者毎に、参照、登録・更新・削除、承認の権限が付与できること。
承認者が不在の場合に代理承認できること。
"パソコンだけでなく、スマートフォンからでも操作が可能なこと。(ブラウザ利用)"
過去の案件を検索できること
画面に一覧表示した内容をCSVファイルでダウンロードできること
過去の案件をコピーして新しい案件が作成できること
進捗の途中で、異動や退職によって離任する人がいた場合でも、承認者の変更ができること。
進捗の途中で、組織が変更になった際に、承認ルートの再設定ができること。
組織を兼務する利用者に対応できること。
承認や差し戻しをした際、次の担当者にメールが発信されること。
ユーザーとパスワードによるログイン機能があること
ユーザーの照会、登録、更新、削除が可能なこと
etc.

■非機能要件一覧の例
サービス停止後、再開までの時間:2時間未満。事前に業務調整をした上であれば2時間程度は許容できる。
バックアップデータの復旧時点:障害発生時点。
データ復旧までの時間:1営業日以内。急ぎの申請はメールや電話ベースで対応可能。
同時に利用されるユーザ数:1%程度と想定。10名。
ログの保管期間:2週間
特に応答速度が求められる操作および速度:5秒以内の表示。
通常の運用時間:朝6時〜夜22時までをシステム稼働時間とする。
バックアップの保存期間:次回バックアップ取得まで登録データ:3年
計画停止の有無:不定期に実施。実施する際は関係者の合意を得る。
移行作業完了後の3ヶ月間は初期稼働確認期間とし4ヶ月目からを本稼働とする。
ウィルス定義ファイルは自動更新とする。
etc.

==========

■工程を4つ程度に分けてしまう
1)上流工程(要件定義、基本設計、現状分析)
2)下流工程(詳細設計、実装、テスト)
3)ネットワーク設計・管理
4)プロジェクト管理

上流工程での注意
 業務モデリング、データモデリング、機能モデリングを念頭に要件定義
  要件定義するまえにPDCA調査もあり(営業を省略したいが本当に良いのかどうか)
 基本設計書は拡散思考/自由発想で作っても良い
  旧態依然になりがちな点に注意(先進、業務改善、便益を入れる)
 基本設計書には全体像、画面、運用、セキュリティは特に担当者が知りたいことを盛る
  要件と設計書の対応関係、WhatとHowは必須だがWhyもあった方が開発者も分かり易い
  行間は読まれない、さりとて資料は把握はし易い方がいい
   時間は23:59までか定時終了18:00までか等データは細かく確認
 モックがあれば解決?
 非機能要件について
  http://www.aimc.co.jp/blog/p-4283/
 テクニカルレビューは関係のない他の技術者に確認し妥当性を問う、ユーザ希望なのでとは言わない事
 
↓↓↓↓↓↓

■上流工程での成果物
-要件定義書
 要望を箇条書き
 前提となるハードやNWや業務フローを添付
-システム方式設計書(性能、信頼性、保守・運用、セキュリティを含む)
 非機能要件一覧 (https://pm-rasinban.com/kinou-hikinou にサンプル有)
 ユースケースシナリオ
 システム構成図
-画面設計(機能、アクション、遷移)
 ワイヤフレーム/モック/プロトタイプ
-データ設計(項目、ドメイン定義、制約、値域、コード仕様、ネーミング、データモデルER)
 細かな所まで詰める(値段変動、合計値の格納)
-業務プロセス設計
 業務フローと担当部署用の業務モデル
-既存システム調査報告書
-プロジェクト計画書

※業務フローと各担当部署用の業務モデル、データモデル、機能モデルがあれば納得感はある

■下流工程での成果物
-システム詳細設計書
 プログラム仕様書、DBテーブル定義、ミドルウェアパラメータ?、業務マニュアル

==========
■システム化のときに考慮すべき要素
コンピュータの五大機能:入力/出力/記憶/演算/制御(CPU/MB)→入力/出力/記憶/演算の4つでいいかも
オフィスオートメーション(紙の作業を電子化):PCやFAX等の導入で書類作成/保存/検索/送付などの事務を合理化/自動化した
 インターネット化、マーケティングオートメーション、メール化、電子マネー化、AIロボット化
 処理を早く多く自動で簡単にメンテフリーで

■モックで確認できれば早い
ヒアリング>ワイヤーフレーム>ペーパープロトタイプ>モックアップ>プロトタイプ>スクラム/WF
 ウォーターフォール的かどうかは下記2点で
  ドキュメントはどのレベルでいるか?
  区切り、レビューをどうするか?

==========

■PMBOK(Project Management BodyOf Knowledge)
あるミッションのためにプロジェク卜を発足し、ミッション終了により解散するというプロフェッショナルな考え方がPMBOKの基本
プロジェクトの成功とは決められた期間と予算内に、目標どおりの効果をもたらす品質の良い成果物を出すこと

9つのエリア
1)総合管理(IntegrationManagement)
 プロジェクト憲章、プロジェク卜計画書
2)スコープ管理(ScopeManagement)
 どこまで作業を担当するか、成果物は何が必要か、ブラウザはChromeのみか
3)スケジュール管理(TimeManagement)
 計画と監視・管理、WBS(Work Breakdown Structure)
4)コスト管理(CostManagement)
 計画と監視・管理/トラッキングとコントロール、幾ら使っているか週報
5)品質管理(QualityManagement)
 基準を確定するため早めに確認、後工程に不良品を流さない、品質基準書(品質を上げるために隠す事も)、テスト仕様書
6)組織管理(HumanResource Management)
 体制図(開発側ユーザ側の両方)、要員の育成
7)コミュ二ケション管理(CommunicationManagement)
 議事録を取り誰がいつ、共有サイト等のツール使用も、レビュー報告書、質問管理シート
8)リスク管理(RiskManagement)
 問題点一覧に書き出す、ルールを定め遵守させる
9)調達管理(ProcurementManagement)
 外注はRFPで、現場と現物で確認、協力会社スキル管理

5つのプロセス
立ち上げ(Initia ting) → 計画(Planning)→ 実行(Executing) → 監視・管理(Controling) → 終結(Closing)

立ち上げ:PJ発足、PM選任
計画:スコープ定義、作業定義、スケジュール作成、資源管理、コスト見積、品質計画、組織計画、コミュ計画、調達計画
実行:スコープ変更、チーム構築と育成、情報の配布、進捗報告、障害報告
監視・管理:変更管理、進捗管理、コスト管理、外注管理、品質管理、リスク管理、契約管理、要員管理
終結:契約完了、PJ完了、調達終了、実績評価

最初にあるべき姿をメンバーに提示したい
PMにより総合力を高める→どうやって?
 役割とマインドセットし、飴鞭のモチベーションでは(管理だけでは駄目では、特に監視されると)
 職人でありスケジュール化/監視できない点がある事を認識し、自主でクリエイティブであれと、品質上後ろ向きにさせない
メンバーのスキルが低く作業が遅い、品質が悪く手戻りが多い、全体像が見えていない
 教育工数積み上げ、問題点はPDCAで改善アクション
 WBSをスプリントで切ってスクラムするのは?

PMBOK的資料のサンプル
http://www.shoeisha.com/book/hp/jissenpm02/27


■■設計のときに使う書籍
■業務システムのための上流工程入門(要件定義、設計)


■実践プロジェクト管理入門(PMBOK、テストのタスクはユーザの範囲だが実際は開発者が代理)


■システム設計完全ガイド(設計書を作る)


■RFP&提案書完全マニュアル


Posted by funa : 05:38 AM | Web | Comment (0) | Trackback (0)


August 8, 2010

Make your OSXP lighter

OS WindowsXPを軽量化する

■ページングファイルを使用しない
マイコンピュータ>プロパティ>詳細設定>パフォーマンス>詳細設定>仮想メモリ>変更
リストからページングファイルがあるドライブ(ここでは「C:」)をクリックして「ページングファイルなし」

■すべてのカーネルをメモリに置きアクセスを高速化
ファイル名を指定して実行「regedit」
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SessionManager\MemoryManagement
「DisablePagingExecutive」エントリをダブルクリックして、値のデータに「1」を入力。初期値は「0」

■メモリ を最適化する
ファイル名を指定して実行「regedit」
HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Control¥Session Manager¥Memory Management
[IoPageLockLimit] をダブルクリック。[DWORD値の編集] ウィンドウの [表記] 項目で [10進]
[IoPageLockLimit] が見当たらない場合、ウィンドウ右の空きスペースで右クリックし [新規] → [DWORD値]  で新たな値を作成。値の名前を [IoPageLockLimit] に変更する
1.初期値は128MBのメモリで設定されている。
2.入力はB(バイト)数で入力する
3.512MB搭載メモリなら「2000000~4000000」(*)が適宜。
4.1GB以上搭載メモリでも「8000000」(*)が適宜

■エラー報告は無効
「マイコンピュータ」「プロパティ」詳細設定 > エラー報告

■msconfigで自動スタートアップを停止
スタート→ファイル名を指定して実行→「msconfig」と入力して「OK」。
スタートアップタブの中から、不要なもののチェックをはずす。

■使わないスタートアップメニューを削除
スタート>すべてのプログラム>スタートアップ。
不要な項目を右クリック。表示されたメニューより「削除」をクリック。

■サービス停止
---無効----------
Error Reporting Serviceエラー時の「ご迷惑をかけて…」のメッセージ。MSに情報提供したい人以外は無効。
Fast User Switching Compatibility ユーザー切り替えを高速に行う。一人で使っている場合は必要ない。
Telephony OSインストール時のライセンス認証とダイアルアップの使用時に使われる。が、ネットワークにLAN接続している人は使わない。 無効
Remote Registry 他のPCのレジストリを操作するのに使用。セキュリティ上好ましくない機能なので無効。
---無効でOK---------
Remote Desktop Help Session Manager リモートアシスタントを利用するときに使われる。無効
Telnet Telnetサーバを提供。無効
Remote Access Auto Connection Manager プログラムがリモート DNS、NetBIOS 名または NetBIOS アドレスを参照するときに、リモート ネットワークへの接続を作成。IE以外のソフトから自動的にダイアルアップ接続をするものなので、ダイアルアップの人は手動。
---使用時以外無効---------
Routing & Remote Access Windows NTのリモート・アクセス・サービス(RAS)とネットワーク機能を統合し、さらにルーティングやパケット・フィルタリング、マルチキャスト、VPN、NAT、セキュリティなどの機能を追加
Terminal Services 他のパソコンのデスクトップを表示して操作する「ターミナル」機能を提供する
Upload Manager ネットワーク上のクライアントとサーバー間におけるファイルの同期/非同期を管理する。
NetMeeting Remote Desktop Sharing NetMeetingを使ってリモートからデスクトップにアクセス事を許可する。NetMeetingを使用しない場合無効。

Posted by funa : 08:38 AM | Gadget | Comment (0) | Trackback (0)


August 8, 2010

Re-install my OSXP
OSの再インストールする

///注意点
■他のHDDを外してOSインストール>ドライブレターが狂う

■P5BのBIOSセットアップはDELで入る>BOOTをDVDに
モニタのドライバはグラボのもの、サウンドボード/NICのドライバはマザボのものを入れる

■カートリッジのHDDをつないだら異形式として認識されて使えません>ダイナミックディスクだった事が原因
  1. [スタート]-[ファイル名を指定して実行] から diskmgmt.msc を起動します。
  2. 問題のディスクを右クリックし、[形式の異なるディスクのインポート] をクリックします。

■OSのライセンス認証は電話で?
プロダクトキーのシールは本体に張られていなければならない
プリインストール用のCD?
何年も前のPCなので分からない、複数台あるし、、、

///事前手順
-デスクトップのデータを退避
-ブックマークをファイルへ出力
-FTPの設定をファイルへ出力
-メールデータをファイルへ出力、重要なもののみ個別コピー
-メールアカウントをメモ
-メール仕分けをファイルへ出力
-メールフォルダをメモ
-iPodのプレイリストをファイルへ出力、Podcastをメモ

///事後
-Ramディスクの設定
-XPの軽量化
-隠しフォルダ・拡張子の表示、フォルダ並び
-事前処理の逆
-アプリ・フォントのインストール

Posted by funa : 05:18 AM | Gadget | Comment (0) | Trackback (0)


Navi: <  4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22  >
PhotoGallery


TWITTER
Search

Mobile
QR for cellphone  QR for smart phone
For mobile click here
For smart phone click here
Popular Page
#1Web
#2Hiace 200
#3Gadget
#4The beginning of CSSレイアウト
#5Column
#6Web font test
#7Ora Ora Ora Ora Ora
#8Wifi cam
#9みたらし団子
#10Arcade Controller
#11G Suite
#12PC SPEC 2012.8
#13Javascript
#14REMIX DTM DAW - Acid
#15RSS Radio
#16Optimost
#17通話SIM
#18Attachment
#19Summer time blues
#20Enigma
#21Git
#22Warning!! Page Expired.
#23Speaker
#24Darwinian Theory Of Evolution
#25AV首相
#26htaccess mod_rewite
#27/// BANGBOO BLOG /// From 2016-01-01 To 2016-01-31
#28竹書房
#29F☆ck CSS
#30Automobile Inspection
#31No ID
#32Win7 / Win10 Insco
#33Speaker
#34Arcade Controller
#35Agile
#36G Suite
#37Personal Information Privacy Act
#38Europe
#39Warning!! Page Expired.
#40GoogleMap Moblile
#41CSS Selectors
#42MySQL DB Database
#43Ant
#44☆od damnit
#45Teeth Teeth
#46Itinerary with a eurail pass
#47PHP Developer
#48Affiliate
#49/// BANGBOO BLOG /// From 2019-01-01 To 2019-01-31
#50/// BANGBOO BLOG /// From 2019-09-01 To 2019-09-30
#51/// BANGBOO BLOG /// On 2020-03-01
#52/// BANGBOO BLOG /// On 2020-04-01
#53Windows env tips
#54恐慌からの脱出方法
#55MARUTAI
#56A Rainbow Between Clouds‏
#57ER
#58PDF in cellphone with microSD
#59DJ
#60ICOCA
#61Departures
#62Update your home page
#63CSS Grid
#64恐慌からの脱出方法
#65ハチロクカフェ
#66/// BANGBOO BLOG /// On 2016-03-31
#67/// BANGBOO BLOG /// From 2017-02-01 To 2017-02-28
#68/// BANGBOO BLOG /// From 2019-07-01 To 2019-07-31
#69/// BANGBOO BLOG /// From 2019-10-01 To 2019-10-31
#70/// BANGBOO BLOG /// On 2020-01-21
#71Bike
#72Where Hiphop lives!!
#73The team that always wins
#74Tora Tora Tora
#75Blog Ping
#76無料ストレージ
#77jQuery - write less, do more.
#78Adobe Premire6.0 (Guru R.I.P.)
#79PC SPEC 2007.7
#80Google Sitemap
#81Information privacy & antispam law
#82Wifi security camera with solar panel & small battery
#83Hope get back to normal
#84Vice versa
#85ハイエースのメンテ
#86Camoufla
#87α7Ⅱ
#88Jack up Hiace
#89Fucking tire
#90Big D
#914 Pole Plug
#925-year-old shit
#93Emancipation Proclamation
#94Windows env tips
#95Meritocracy
#96Focus zone
#97Raspberry Pi
#98Mind Control
#99Interview
#100Branding Excellent
Category
Recent Entry
Trackback
Comment
Archive
<     July 2020     >
Sun Mon Tue Wed Thi Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Link